【結果】2018年WDSF世界選手権シニア1・スタンダード&ラテンinマイアミ(10月13日・14日)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2018年10月13日・14日、マイアミにて世界選手権シニアIスタンダード&ラテンが開催されています。

2017年のマイアミ大会(世界選手権シニアIラテン、シニアIIIスタンダード)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WDSF世界選手権シニアIスタンダード

・決勝

1 Fabian Wendt & Anne Steinmann(ドイツ)

2 Corentin Normand & Laura Lozingue(フランス)

3 Nedelcu Silviu Adrian & Nedelcu Nicoleta(ルーマニア)

4 Ignazio Grignani & Ilaria Gianfranchi(イタリア)

5 Simon Sorin Dumitru & Constantinescu Florentina(ルーマニア)

6 Ronald Pux & Sabine Pux(オーストリア)

・準決勝

7 Luca Bandettini & Margherita Petrocchi(イタリア)

8 Victor Fischer & Alexandra Rehn(ドイツ)

9 Martin Karel & Monika Simonova(スロバキア)

10 Salvatore Calio’ & Agata Maiorana(イタリア)

11 Michel Carlini & Elisa Morganti(イタリア)

12 Matthew Sorrentino & Theresa Vallese(アメリカ)

WDSF世界選手権シニアIラテン

・決勝

1位 Georgy Osadchy & Tatiana Nikolaeva(ロシア)

2位 Simon Sorin Dumitru & Constantinescu Florentina(ルーマニア)

3位 Andreas Hoffmann & Isabel Krueger(ドイツ)

4位 Yevgen Dmytrenko & Mery Lenz(アルゼンチン)

5位 Stephane Guijarro & Jennifer Meunier(フランス)

6位 Duarte Sousa & Elisabete Pera(ポーランド)

・準決勝

7 Erik Heyden & Julia Luckow(ドイツ)

8 岸 英明 & 田中 志保 (←キンタロー。&ロペス)

8 Simone Spadoni & Simona Caporale(イタリア)

8 Szantho Peter & Juhasz-Szantho Szilvia(ハンガリー)

11 Mehdi Mekedder & Caroline Bertrand(フランス)

12 Kamil Malinka & Katarina Malinkova(スロバキア)

 

名越慎吾&名越明子組は15位でした。

名越組はマイアミ大会のシニアIオープンラテンで見事優勝しました。

また、ワールドオープン・ラテン(アダルト)でもキンタロー。&ロペス組(19位)、名越組(20位)と準々決勝進出と大健闘しました。

 

以上、2018年WDSF世界選手権マイアミ大会の結果でした。

コメント