短期留学や海外旅行時に役立つおすすめクレジットカード

スポンサーリンク
スポンサーリンク

当ブログでは海外の社交ダンス競技会の結果を随時更新していて、そちらのアクセスが非常に多くなっています。

読者の中に海外留学を目標にしているダンサーの方がいるかもしれませんね。

社交ダンスの留学や遠征だけではなく海外旅行時にも必ずと言っていいほど必要なものがあります。そうです、クレジットカードというやつです。

海外留学にはクレジットカードの存在が非常に役に立ちます。

というか、クレジットカードがないと支払いができないというところもあるくらいなので必需品と言ってもいいかもしれません。また受けられるサービスやポイントをの面から見ても持っていないと損ですよ。

今回は留学や海外旅行のためのクレジットカードの選び方のポイントを解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外へお金を持っていく方法

クレジットカードの選び方の前に、まずは海外へのお金の持って行き方を紹介します。

現金を持っていく

まず最初に思い付くのは現金をそのまま持っていく、という方法です。

もちろん留学先では日本円は使えませんので、その国の通貨に両替しなければなりません。

日本で両替もできますし、留学先でも両替所を見つけて交換する方法もあります。

海外の方が手数料が安いのですが、英語での説明になるので初めて海外へ行くという方は難しいかもしれませんね。

もしかしたら両替所を見つけることすら出来ないかもしれません。

手数料も4%以上(場所によっては10%や20%かかるところも)かかりますので、バカになりません。

そして大量の現金を持ち歩くのはあまりおすすめできません。

盗難や紛失の際に保証が効かないからです。

現金を持ち歩くのは必要最低現にしておきましょう。

日本から海外送金

海外に銀行口座を作って日本にいる間に海外の口座に振り込むという方法もあります。

手数料は日本の口座同士と違い、数千円かかります。

こまめに送金すると手数料が嵩んでしまうので、一度に大量送金した方がお得ですね。

海外でも現金を使いたいという方にはおすすめの方法です。

クレジットカード

日本で作ったクレジットカードをそのまま海外へ持っていくという方法もあります。

後述しますが、海外で使用するときの手数料は1.6%くらいになので、現金を交換する手数料よりもかなりお得ですよね。

クレジットカードのブランドだけ気を付ければ、そのまま使えるので手間もかかりません。

この方法で気をつけることはクレジットカードに紐付いている銀行口座にお金が入っていないと使えなくなることです。前もって口座にお金を入れておきましょう

留学、海外旅行のためのクレジットカードの選び方

そしてクレジットカードを持っていく利点は他にもたくさんあります。

ポイント、マイル、海外旅行傷害保険などクレジットカードの種類によって様々なサービスを受けることができる点です。

海外に留学経験のある知人に聞いてもクレジットカードに詳しい方は周りに少ないのではないでしょうか。相談できる方も少ないと思います。

ここでは留学や海外旅行のためのクレジットカードの知識をまとめましたので、初めて留学にいく方や海外でクレジットカードをお得に使いたいという方に参考にしていただければと思います。

年会費の有無

まず気になるのは年会費ですよね。

クレジットカードは年会費が無料のものから20,000円くらいするものまで様々です。

無料のものでもポイントはしっかり貯まるし、保証もついているというカードはちゃんと存在します。

もちろん年会費が有料のクレジットカードの方が保証が手厚く、サービスも行き渡っていますので、自分が留学時にどのようなサービスが必要なのかを考えながらカードを選ぶといいでしょう。

人によっては有料のクレジットカードを使って年会費を支払った方がお得な場合もありますよ。

留学時に役立つクレジットカードブランド

海外で利用するクレジットカードのブランドと言えばVISAかMasterCardが主力の国際ブランドで、この2つのどちらかを選んでおけば間違いないでしょう。

海外で主に使われているブランドを少し解説しますね。

VISA

世界でも加盟店が多い国際ブランドで日本においてもブランドイメージが高いので、安心して使えるカードの1つではないでしょうか。

MasterCardと同じく留学時には持っておいたほうが良いクレジットカードブランドです。

 

そしてCMでも有名ですよね。

三井住友VISAカードでお馴染みのVISAカードですが、三井住友が=(イコール)VISAというわけではないのです。

簡単に言うとVISAという決済機構が三井住友カードに許可を出して三井住友VISAカードを発行しているということになります。

MasterCard

VISAと同じく有名な国際ブランドです。ブランド力もVISAと肩を並べます。

日本で使う場合にはどちらを選んでも大差はないのですが、海外では事情が異なります。

ヨーロッパ方面→MasterCard、アメリカ→VISAという具合に加盟店に少し差があります。

海外旅行や留学時にはクレジットカードを2枚持つことを勧めていますので、1枚ずつ持っておくといいでしょう。

MasterCardのCMは「プライスレス」でおなじみだと思うので、こちらも皆さんご存知だと思います。

JCB

JCBは国際ブランドの1つではありますが、日本で発行しているクレジットカードです。

日本発ということで日本でクレジットカードを使えるところでJCBを使えないところはないと言ってもいいくらいです。

JCBなら持っているという方もいるのではないでしょうか。

しかしVISAやMasterCardと比べると海外では加盟店舗がまだまだ少なく、手持ちのクレジットカードがJCBのみというのは心許ない気がします。

 

ところがこのJCB、海外で便利に使えることがあるのです!

外国語が苦手という方も安心です。

一部主要都市には、JCB会員の方専用の自由にくつろげる空間「JCBプラザ ラウンジ」を設置。
また、海外旅行中の万が一の事故や緊急トラブル時に電話で相談できる「JCBプラザコールセンター(海外)」では、ケガや病気の際の病院案内のほか、クレジットカード、パスポートの紛失・盗難時など、海外での不慮の事故やトラブルに日本語・英語でサポートします(24時間・年中無休)。

「JCBカード」より引用

海外旅行傷害保険

海外で怪我をすると大変ない医療費がかかってしまいます。日本の保険は当然効果をなしません。

怪我をして数百万かかったとか、骨折して手術をして数千万かかったとか聞いたことがあります。

そんな時のために留学時の怪我を保証してくれるサービスがクレジットカードにはついているのです。

もちろん空港や旅行会社で販売されているいわゆる販売型の海外旅行保険もあるのですが、補償内容の割にそこまで安くないというのが現状です。

クレジットカードの場合は年会費が無料のものでも100万以上、年会費10,000円くらいのだと1,000万以上も保証してくれます。

クレジットカードによって海外旅行傷害保険の内容や額、適用条件が違いますので、しっかりとした調査が必要ですね。

留学や旅行で怪我をしない保証はどこにもないので、この海外旅行傷害保険のことを知っていれば安心して楽しめます。

もちろん怪我をしないに越したことはないです。

マイル

マイルという言葉は今では一般的になってきているので、一度は聞いたことがあると思います。

航空会社独自のポイントカードのようなものですね。

航空会社が他の航空会社にお客さんを取られないようにマイルを発行し、お客さん側は貯めたマイルを使って様々なサービスを受けることができるのです。

例えばマイルを使って無料で航空チケットが発券できたり、また航空チケットをビジネスクラスやファーストクラスにアップグレードできたりします。

他にもホテルの宿泊代に使えたり電子マネーにも交換することができるのです。航空会社によってサービスは異なります。

このマイルの貯め方は一般的には航空会社のマイレージクラブに参加し、航空券の代金や飛行機の移動距離によってマイルを貯めていきます。

そしてもう1つは提携しているクレジットカードのポイントをマイルに交換する、という方法です。

航空会社のマイレージクラブだけではなくクレジットカードでもマイルを貯めることができるので、留学や旅行に行っていない間にも国内でクレジットカードを使っていれば、いつの間にか航空会社券が無料で手に入れられた、というお得考えられますね。

年に2~3回短期留学や海外旅行に行く方はすぐに貯まるのでクレジットカードとの併用がおすすめです。

プライオリティパス

マイルや海外旅行保険と比べ、プライオリティパスというのは聞きなれない言葉ではないでしょうか?

プライオリティパスというのは世界各地の空港でラウンジサービスを展開する会社で、会員登録するとラウンジが利用出来るようになるのです。

海外経験の少ない方にはあまりピンと来ないかもしれませんが、手続きをしてから実際に搭乗するまでの待ち時間が結構長く暇を持て余してしまうことがあります。

そこで便利なのが、このプライオリティパスというサービスなのです。

プライオリティパスの会員になるとラウンジが無料や割引で利用できたり、ラウンジ内のドリンクや軽食を楽しめたりできます。

ヨーロッパやアジアにも多数あり、世界各地に1,000箇所以上も展開しているので年に数回留学や旅行に行く方には是非おすすめしたいです。

このプライオリティパスの会員になるには会費が必要で、一番いいのが399ドル(約40,000円)。

やはり良いサービスを利用するにはそこそこお金がかかりますね。

そこで利用したいのがクレジットカードです。

クレジットカードの中には無料でこのプライオリティパス会員になれるものもあるのです。

クレジットカードの年会費を払わなければならない場合が多いですが、この記事で紹介しているように留学や海外旅行に行くなら持たなければ損です。

どうせならプライオリティパスのサービスを受けられるクレジットカードを選びたいところですね。

外貨両替所の手数料がお得

現金でのやり取りの場合、日本円を現地の通貨に両替しなくてはいけません。

両替するときには当然のように手数料がかかります。

海外でクレジットカードを使うときも手数料がかかってしまうのですが、両替所で現金を交換するよりもかなり割安なのです。

手数料については最初の方にも解説しましたが、他にも現金よりクレジットカードをおすすめする理由はあります。

海外ではクレジットカード利用が普及しているので、現金を使えないところが多くあるのです。

どうしても現金で支払わなければいけない場合でも、現金を両替所で交換するのではなくクレジットカードのキャッシングを利用することをおすすめします。

キャッシングは借金なのでこちらも手数料がかかるのですが、やはり両替所での手数料より割安です。

留学先で使いたいクレジットカードの選び方:まとめ

クレジットカードの選び方をまとめておくと

  • 年会費の有無
  • カードブランド
  • 海外旅行傷害保険
  • マイル
  • プライオリティパス

などでした。

お金のことは初めての留学で不安なことの1つだと思います。

口座や両替、クレジットカードの手数料については会社によって異なるのでこの記事では詳しく紹介しませんでしたが、この記事で載っている選び方のポイントを吟味すればクレジットカードも簡単には選べると思います。

で、おすすめのクレジットカードは?

留学や海外旅行におすすめのクレジットカードを紹介します。

ポイントが溜まりやすい「楽天プレミアムカード」

留学や海外に行くときはクレジットカードを2枚持つことをオススメしますが、1枚は「楽天プレミアムカード」で決めてしまっても良いでしょう。

海外旅行傷害保険が最大5,000万円、プライオリティパス、手荷物宅配が300円OFF、Wi-Fiルーターレンタルが優待価格で利用できる、など留学に便利なサービスが盛り沢山です。

楽天プレミアムカードは海外だけではなく国内でも使いやすく、楽天スーパーポイントがたまりやすいです。

楽天プレミアムカード

年会費無料なら「楽天カード」

楽天プレミアムカードは年会費があり、ちょっと敬遠してしまうという方は年会費無料の「楽天カード」がおすすめです。

楽天プレミアムカードと比べるとサービス内容が少し劣るくらいで、サービス内容はかなり充実しています。

海外旅行傷害保険最大2,000万円になり、手荷物宅配やWi-Fiルーターの優待価格での利用は可能なのですが、プライオリティパスは利用できません。

また楽天ANAマイレージクラブカードにするとマイルを貯めて飛行機に乗ることが出来ます。

クレジットカードとしての人気もあるので作って損はありません。

年会費永年無料の楽天カード

安心と信頼の「三井住友カード」




CMでお馴染みの「三井住友Visaカード」は日本初のVisaカードとしての実績もありおすすめです。

プライオリティパスや旅行傷害保険(クラシックで2,000円、クラシックAで2,5000円)などのサービスも充実していますし、条件によって年会費も無料や割引になります。

信頼性のあるカードを求めすなら三井住友カードはおすすめです。

三井住友VISAカード

 

以上、留学におすすめのクレジットカードでした。

長文になってしまいましたが、参考になればと思います。

コメント