家庭用脱毛器ケノンの使い方を照射前から後まで詳しく解説

人気No.1脱毛器ケノンを購入!ケノンの口コミや脱毛器の選び方まとめ
当ブログは社交ダンスをメインのコンテンツにしているので、読者の女性の中にはパーティーや競技会でドレスを着る機会が多く、エステや脱毛に興味をもつ人もたくさんいると思います。 しかし興味があっても脱毛サロンに通う時間をなかなか取れ...

上の記事にあるように人気脱毛器「ケノン」を購入しました。そして5日もたってしまったのですが、未だに使用していません(このブログでレビューを書くために髭(ヒゲ)を脱毛する予定です←とりあえず足の指毛を脱毛してみました)。

詳しくは後述しますが、照射の24時間以内はなるべく日光を浴びないようした方がいいらしいので、照射は土曜日の夜にすることにしました(日曜日はお家にいます)。

そして頻度は2週間に1度が効果的みたいなので土曜日の夜と決めておくと忘れずに継続できるかなぁ、と。

使用レビューも更新しようと思いますが、当記事ではケノンの使い方を詳しく紹介したいと思います。

まだ家庭用脱毛器ケノンを購入していない方も参考にしてみてください。

自宅で本格脱毛器「ケノン」公式ショップ!

家庭用脱毛器ケノンの使い方

ざっくりケノンの使い方を解説すると、脱毛したい部分を冷却→照射→冷却という流れです。

それぞれ注意しておくこともあるので詳しく説明していきます。

脱毛プランを立てる

ケノンの取扱説明書では体毛の成長周期を考慮して2週間に1度の感覚で脱毛することをおすすめしています。

そして脱毛した部位を24時間以内に日光にさらさないよう注意しています。

それを考えて脱毛スケジュールを考えてみましょう。

僕の場合、日曜日が休みで家にいることが多いので土曜日に脱毛することにしました。

照射レベルや脱毛部位をメモしておくと忘れなくていいと思います。

脱毛前の処理

余分な体毛の処理

実際に照射する前にカミソリやシェイバーで余分な体毛を処理しましょう。

ポイントは余分な体毛の処理、です。

深剃りやワックスやピンセットでの脱毛は必要ありません。

ケノンはフラッシュ光タイプの脱毛でメラニンに反応するので、深剃りやピンセットなどでの脱毛は反応を弱めてしまいます。また熱によって肌を痛めるということにもなりかねません。

余分な体毛の処理だけで良いのです。

お肌を清潔に

照射前に脱毛したい部位を洗浄し清潔にしましょう。

そして余分な水分はしっかりと拭き取ります。余分な水分があると脱毛効果が弱くなってしまいます。

カートリッジを装着し電源を入れる

購入直後はカートリッジが装着されています。

コンセントを差し込み、電源ボタンを押してください。

照射レベルを選択する

本体のディスプレイの左側に上下ボタンがありますので、これで照射レベルを選択できます。

強ければ強いほど脱毛効果はあるのですが、痛みを感じてしまう恐れがあります。

我慢強い方も痛みは避けてください。肌に悪影響があるとせっかく脱毛しても美しい肌を手に入れられません。

また弱すぎると脱毛効果がなく定期的に脱毛しても何年もかかってしまうことがあります。

痛みを感じない最大のレベルが一番効果があります。

まずはレベル1〜2で試して、徐々に上げていくようにしていきましょう。

照射前にクーリング

照射する部位を保冷剤で冷却することによって刺激を和らげます。

その分レベルも上げられますね。

保冷剤はケノン購入時に付属されていますので、それを使ってください。10秒ほど肌に当てて冷やすだけです。

脱毛部位に照射!

脱毛したい部分にハンドピースを押し当てて照射ボタンを押し照射します。

圧力をかけてギュッと押し付ける必要はありません。

隙間なく肌に押し当てていれば大丈夫です。

使用直後の発光面は触ると火傷の危険があるので絶対に触らないようにしましょう。

照射後にもクーリング

照射後にも保冷剤で照射部分を冷やします。

これは照射で帯びてしまった熱を取り除くためです。

クーリング→照射→クーリングを繰り返す

あとは繰り返すだけです。

照射する部位が重なってしまうと、肌に負担がかかり、照射する部位に隙間があると脱毛の効果が弱まってしまいます。

脱毛したい部分が重ならないように隙間がないようにまんべんなく照射しましょう。

 

そして2週間後、4週間後に繰り返し行い、体質にもよりますが、最低4〜5回脱毛をすると効果が出てくるようです。

効果が出てきたら感覚を空けても大丈夫なようですが、生えてきたなぁと思ったら再び脱毛したほうが長い目で見るといいと思います。

ケノン使用後のお肌のケア

脱毛後は肌のケアが重要です。

  • 保湿クリームなどで保湿する
  • 冷水でのシャワーで熱を取り除く
  • 水分を取り脱水防止

また脱毛した部分を乾燥させたり刺激したりしないように注意してください。

  • 照射後24時間以内に日光にさらさない
  • 48時間以内に塩素処理したプールに入らない
  • 24時間以内の温水でのお風呂やサウナを避ける

以上のようにケアをすれば効果もあり肌への負担も少なくなります。

脱毛器ケノンの使い方:まとめ

プロが行う脱毛エステでさえ1年契約と、長期間かかる脱毛ですのでできるだけ効果が出るように正しい使い方を心がけましょう。

またカートリッジが光で熱を帯びているので火傷などしないように注意も必要ですね。

ケノンは使い方がとても簡単なので慣れると1回あたりの脱毛もスムーズにできるようになってくると思います。

美肌を目指して頑張ろう。

自宅で本格脱毛器「ケノン」公式ショップ!

コメント